Go のゴルーチンとは

投稿者: | 2017年12月19日

ゴルーチンとは

Goを勉強していてゴルーチンという言葉に出会った。

マンゴスチンなら知っている。

 

ゴルーチン

”Goでは並行に実行される個々の動作はゴルーチンと呼ばれる。”

マルチスレッドということか?

”スレッドとゴルーチンの間の相違は、基本的に量的であり質的ではない。”

例1 簡単なやつ

よくわかんないのでGoツアーの例を動かす

スレッドって感じ

Channels

チャネル型は値の送受信ができる通り道

チャンネルを使うときは

ch := make(chan int)

と生成する

配列を部分的に取り出すことをスライスというようだ
x[:] 全要素
x[:n] 最初からnまで
x[n:] nから最後まで
x[n:m] nからmまで
というように取り出すようだ

例ではcが連続して使われているけど、どちらにどちらが入っているかわからなくていいのかな?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です